竹原町並み保存地区

竹原は平安時代、京都・下鴨神社の荘園として栄えた歴史から、「安芸の小京都」と呼ばれています。江戸時代には製塩地として飛躍的に発展し、現在は国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定されています。塩田と町人文化の隆盛が生んだ重厚な家々は、今日まで往時の姿を伝えています。竹の町「竹原」ならではの竹細工体験を楽しめるのも魅力です。

広島県竹原市本町三丁目 ほか

0846-22-0973 (まちなみ竹工房)

9:30〜16:00 (まちなみ竹工房)

https://www.takeharakankou.jp/spot/4305

Recommended Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です